Loading...

公演・イベント案内

公演情報詳細

オーケストラ・アンサンブル金沢 山田和樹@音楽堂「未来へのメッセージ」 山田和樹プロデュースによる東京混声合唱団&OEK特別公演!

この日開かれるのは、山田和樹のプロデュースにより東京混声合唱団(東混)とOEKがタッグを組んだ特別公演。山田和樹はこの4月よりバーミンガム市交響楽団の首席指揮者に就任するなど、欧州の著名オーケストラと数多く共演する世界的指揮者であるが、一方で合唱の分野でも豊富な経験を持っている。東混とはキャリアの初期より縁が深く、現在は音楽監督兼理事長を務めている。世界的指揮者でありながら、これだけ合唱団を指揮しているマエストロも珍しいだろう。「未来へのメッセージ」として、次世代に歌い継がれるべき名曲が集められた本日のプログラムは、まさに山田和樹ならではのものだ。

まず一曲目に演奏されるのは、グスタフ・マーラーの「花の章」。この曲はオーケストラのみで演奏される楽曲である。マーラーといえば長大な交響曲によって人気が高いが、この「花の章」も当初は交響曲第1番「巨人」の一部に含められていた。しかし改稿を重なるなかで、マーラーは「花の章」を交響曲から削除することを決める。「花の章」はいったんは忘れられた初期作品となってしまうが、作曲者の死後に再発見されて、日の目を見ることになった。山田和樹はたびたび本作品をとりあげて、若き日のマーラーに共感を寄せている。

佐藤眞作曲、大木惇夫作詞の「土の歌」は1962年に作曲され、岩城宏之の指揮により東混とNHK交響楽団により初演された。全7曲からなり、とりわけ終曲の「大地讃頌」は学校教育の現場や卒業式などで広く歌われている。かつて歌った経験があるという方もいらっしゃるのではないだろうか。

武満徹も合唱作品の傑作を残している。映画や舞台、放送など、さまざまな機会のために書かれた声のための作品が、後に混声合唱のための「うた」として無伴奏合唱用に編曲された。全12曲からなる「うた I」および「うた II」より、本日は4曲が歌われる。「明日ハ晴レカナ、曇リカナ」は、武満が黒澤明監督の映画「乱」の音楽を担当した際、撮影現場で誕生したいう曲。「恋のかくれんぼ」は中村登監督の映画「斑女」主題曲として書かれ、ペギー葉山によって歌われた。「○と△の歌」は羽仁進監督「不良少年」の挿入歌として作曲された。「さくら」はだれもが知る日本古謡。武満による編曲の妙を味わいたい。

「日本の唱歌~四季をうたう~」では、おなじみの名曲がメドレーによって演奏される。「春の小川」「花の街」から「見上げてごらん夜の星を」「今日の日はさようなら」まで、いずれも世代を越えて歌い継がれる日本の名曲ばかりである。懐かしい日本の原風景を感じ取ることができるだろう。(飯尾洋一:音楽ジャーナリスト)

開催日程
3 / 15 (水)  開場 18 : 15 開演 19 : 00
会場コンサートホール
出演者
山田和樹
東京混声合唱団
演奏曲目
マーラー花の章
佐藤眞土の歌
武満徹「うた」より
唱歌春の小川、花の街、夏は来ぬ、この道、赤とんぼ、見上げてごらん夜の星を ほか
料金 全席指定(税込)
S席5,000円
A席3,000円
B席1,500円
・一般発売日:2023年1月15日 10:00
・未就学児入場不可
・OEK定期会員S席1,500円引き、A席1,000円引き
・25歳以下公演前日より半額で予約可(購入時要証明書類)
・公演予定時間: 約120分(休憩あり)

プレイガイド 石川県立音楽堂チケットボックス TEL 076-232-8632
チケットぴあ (Pコード: 234-039)
チケットを購入
アーティスト情報
  • 山田和樹
    指揮
    山田和樹指揮
    2009年ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝。ほどなくBBC 交響楽団を指揮してヨーロッパ・デビュー。以降、世界の主要オーケストラに客演を重ねている。2012年から18年までスイス・ロマンド管弦楽団の首席客演指揮者を務めたほか、2016/17シーズンから、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督兼音楽監督に就任。2018/19 シーズンから首席客演指揮者を務めるバーミンガム市交響楽団では、23年4月から首席指揮者兼アーティスティックアドバイザーに就任。10年にわたり日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者を務めたほか、現在は読売日本交響楽団首席客演指揮者、東京混声合唱団音楽監督兼理事長などを務めている。出光音楽賞、渡邉暁雄音楽基金音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞、実行委員会代表を務めた『柴田南雄生誕100年・没後20年記念演奏会』が文化庁芸術祭大賞、日本フィルハーモニー交響楽団と行った『山田和樹マーラー・ツィクルス』が芸術選奨文部科学大臣新人賞など受賞多数。
  • 東京混声合唱団
    合唱
    東京混声合唱団合唱
    1956年に創設された日本を代表するプロ合唱団。東京・大阪での定期演奏会、内外のオーケストラとの共演やオペラへの出演、青少年を対象とした鑑賞音楽教室、海外公演を含む年間150回の公演のほか、数多くのレコーディングやテレビ、ラジオへの出演を行っている。レパートリーは、創立以来行っている作曲委嘱活動で生まれた250曲を超える作品群をはじめ、内外の古典から現代作品までと幅広く、各地の合唱団や青少年との合同演奏、指導者派遣、ワークショップ・解説付きコンサートも精力的に開催している。文化庁芸術祭大賞、音楽之友社賞、毎日芸術賞、京都音楽賞、レコード・アカデミー賞、サントリー音楽賞、中島健蔵音楽賞などを受賞。
主催・問合せ等
主催
  • 公益財団法人石川県音楽文化振興事業団
共催
  • 一般財団法人石川県芸術文化協会
助成
問合せ
  • 石川県立音楽堂チケットボックス TEL 076-232-8632
後援
  • 北國新聞社
© 2015 ISHIKAWA ONGAKUDO
取扱い公演を見る

ご覧いただくには会員登録(無料)が必要です。
チケット取扱い公演

お電話で問い合わせる

TEL:076-232-8632までお電話ください。電話の受付は10:00~18:00まで。