Loading...

公演・イベント案内

公演情報詳細

オーケストラ・アンサンブル金沢 第464回定期公演フィルハーモニー・シリーズ 鈴木優人、交響曲の父ハイドンと先駆者C. P. E. バッハの音楽

第464回定期公演フィルハーモニー・シリーズに登場するのは鈴木優人。すでにOEKとは共演を重ねており、親しみを覚える方も多いだろう。父・鈴木雅明が設立したバッハ・コレギウム・ジャパンの首席指揮者を務めながらも、NHK交響楽団や読売日本交響楽団など各地のオーケストラに客演し、八面六臂の活躍をくりひろげている。

今回はカール・フィリップ・エマヌエル・バッハとハイドンを組み合わせたプログラムを披露する。エマヌエル・バッハといえば、あの大バッハの息子。生前は父を凌ぐ成功を収めた音楽家であり、バッハの息子たちのなかでもとりわけ大きな名声を獲得していた。おもしろいのは大バッハとはまったく作風が異
なるところ。 感情表現が非常に豊かで、くるくるとめまぐるしく気分を変える曲想が特徴だ。今回演奏される2曲のシンフォニアで、父にはないエマヌエルならではの魅力を味わえることだろう。

エマヌエル・バッハは「前古典派」の作曲家として挙げられるが、それに続く「古典派」の巨匠がハイドンだ。チェンバロ協奏曲ニ長調はピアノによる演奏でも親しまれているが、今回は鈴木優人が自らチェンバロを演奏する。そして交響曲第103番「太鼓連打」は、ハイドンがロンドンに渡って書いた傑作群 「ザロモン交響曲」 の一作。初演から大成功を収め、今も人気の高い名曲である。(飯尾洋一:音楽ジャーナリスト)

開催日程
2 / 19 (日)  開場 13 : 00 開演 14 : 00
会場コンサートホール
出演者
鈴木優人
演奏曲目
C. P. E. バッハシンフォニア ト長調 Wq. 182-1
ハイドンチェンバロ協奏曲 ニ長調 Hob. XVIII-11
C. P. E. バッハシンフォニア 変ホ長調 Wq. 183-2
ハイドン交響曲 第103番 変ホ長調 Hob. I-103 「太鼓連打」
料金 全席指定(税込)
SS6,000円
S5,000円
A4,000円
B3,000円
スターライト1,000円
車椅子席5,000円
・一般発売日: 2022年12月19日 10:00
・未就学児入場不可
・25歳以下公演前日より半額で予約可(購入時要証明書類)
・公演予定時間: 約100分(休憩あり)
プレイガイド 石川県立音楽堂チケットボックス TEL 076-232-8632
チケットを購入
アーティスト情報
  • 鈴木優人
    指揮、チェンバロ
    鈴木優人指揮、チェンバロ
    東京藝術大学及び同大学院修了。オランダ・ハーグ王立音楽院修了。令和2年度(第71回)芸術選奨文部科学大臣新人賞、第18回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第18回ホテルオークラ音楽賞受賞。第29回(2021年度)渡邉曉雄音楽基金音楽賞受賞。2018年よりバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)首席指揮者、2020年より読売日本交響楽団指揮者/クリエイティヴ・パートナー。音楽監督を務めるアンサンブル・ジェネシスでは、オリジナル楽器でバロックから現代音楽まで意欲的なプログラムを展開する。指揮者としてオーケストラ・アンサンブル金沢、NHK交響楽団、九州交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、読売日本交響楽団等と共演。作曲家としても数々の委嘱を受けると同時に、J. S. バッハ BWV 190 喪失楽章の復元(Carus)や、モーツァルト『レクイエム』の補筆・校訂(Schott Music)が高い評価を得ている。メディアへの露出も多く、NHK-FM「古楽の楽しみ」レギュラー、テレビ朝日「題名のない音楽会」にもゲストとして出演。調布国際音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー、舞台演出、企画プロデュース、作曲とその活動に垣根はなく各方面から大きな期待が寄せられている。九州大学客員教授。
主催・問合せ等
主催
  • 公益財団法人石川県音楽文化振興事業団
助成
問合せ
  • 石川県立音楽堂チケットボックス TEL 076-232-8632
© 2015 ISHIKAWA ONGAKUDO
取扱い公演を見る

ご覧いただくには会員登録(無料)が必要です。
チケット取扱い公演

お電話で問い合わせる

TEL:076-232-8632までお電話ください。電話の受付は10:00~18:00まで。