Loading...

公演・イベント案内

公演情報詳細

オーケストラ・アンサンブル金沢 PFUクリスマス・チャリティコンサート 2021 心に寄り添う音楽〜チェリスト溝口肇を迎えて

開催日程
12 / 11 (土)  開場 14 : 00 開演 15 : 00
会場コンサートホール
出演者
松井慶太
溝口肇
演奏曲目
J. S. バッハG線上のアリア
ヴィヴァルディ「四季」より冬 〜第2楽章
ラヴェル亡き王女のためのパヴァーヌ
ドビュッシー亜麻色の髪の乙女
サン=サーンス白鳥
バーバー弦楽のためのアダージョ
マスカーニ歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》間奏曲
溝口肇編「ノエルドクラシック」三番目の天使〜クリスマスメドレーⅡ
溝口肇ドラマ「ピュア」メインテーマ
溝口肇ドラマ「天国のKiss」メインテーマ
溝口肇編アニー・ローリー
溝口肇編広い河の岸辺
溝口肇あしたへ
溝口肇世界の車窓から
料金 無料(要申込/会場にて1,000円のチャリティにご協力ください)
プレイガイド コンサートの詳細、チケットのお申し込みはこちら(PFUウェブサイトへ)
関連サイト PFUクリスマス・チャリティコンサート2021 ウェブサイト(株式会社PFU)
アーティスト情報
  • 松井慶太
    指揮
    松井慶太指揮
    1984年青森県八戸市生まれ。3歳よりピアノ、16歳のときピアニストとしてポーランド国立クラクフ交響楽団と共演。2007年、東京音楽大学指揮科卒業。指揮を広上淳一、汐澤安彦、ピアノを故島田玲子、宮原節子、オーボエを安原理喜、音楽理論を久田典子に師事。2006年、韓国で行われたアジア・フィルハーモニック・オーケストラにて指揮をチョン・ミョンフンに師事。2009年、第15回東京国際音楽コンクール入賞・奨励賞受賞。国内外のオーケストラと多数共演。2008~2014年には、N響定期演奏会にてデュトワ、ミョンフン、ルイージ、ソヒエフらのもとで合唱指揮を務め、公演を成功に導く。2017年からはオーケストラ・アンサンブル金沢、伝統芸能&室内オペラシリーズを指揮し、好評を博している。2011年〜2018年東京混声合唱団コンダクター・イン・レジデンス。
  • 溝口肇
    チェロ、作編曲
    溝口肇チェロ、作編曲
    チェリスト・作曲家、プロデューサー。東京芸術大学卒。
23歳の時に自身が起こした自動車事故でムチウチ症となり、その苦しみから逃れるためシンセサイザーで「眠るための音楽」を作曲し始める。その後、自分自身のソロ楽曲として書きためられ、1986年ソニーよりデビュー。以後、クラシック、ポップス、ロックなど幅広いジャンルで活躍。長寿テレビ番組「世界の車窓から」のテーマ曲はあまりにも有名。近年ではロンカーターとの共演も果たす。自身の音楽を「心の覚醒」と位置付け、奏でるチェロの美しさ、ホスピタリティあふれるサウンドは、ジャンルを越えて多くの人を魅了し続け、ミュージックシーンに独自のスタンスを確立している。GRACE MUSIC LABELを主催し、CD制作、ハイレゾ音楽制作を行っている。最新鋭レコーディングにも精通し、ハイレゾ最高峰であるDSDでの制作、配信も精力的に行っている。また、録音技術などに精通していることから、最近ではオーディオ関係の雑誌等に出演することも多く好評を得ている。
主催・問合せ等
主催
  • 株式会社PFU
後援
  • 石川県、金沢市、かほく市
© 2015 ISHIKAWA ONGAKUDO
取扱い公演を見る

ご覧いただくには会員登録(無料)が必要です。
チケット取扱い公演

お電話で問い合わせる

TEL:076-232-8632までお電話ください。電話の受付は10:00~18:00まで。